So-net無料ブログ作成

米露の大型衛星同士が宇宙で衝突…大量の宇宙ごみ発生 [科学系よもやま話]

米露の大型衛星同士が宇宙で衝突…大量の宇宙ごみ発生

公式記録上、初めての衛星同士の衝突事故がありましたね。この話題でスペース・デブリの存在が広く知られたのは、良かったのかな?

このニュースを読んで思い浮かんだのは、2つの漫画です。一つは、講談社から出版されている幸村誠氏の『プラネテス(ΠΛΑΝΗΤΕΣ)』です。この作品は、2002年度星雲賞コミック部門を受賞したし、アニメ化されてNHKで放送されていたのでご存知の方も多いと思います。今から70年位先の近未来SFで、宇宙のゴミ(デブリ)を回収している主人公の葛藤と成長?を描いた作品で、スペース・デブリとかケスラー・シンドロームなんて言葉が出てきます。我が家にもコミックス4巻が揃ってますよ。

もう一つは、同じく講談社から出版された的場 健氏の『まっすぐ空へ』 こっちはマイナーなので知らない人も多そう・・・。現代から始まる軌道エレベーター建設をテーマにした作品です。軌道エレベーターをデブリ回収のための装置(デブリキャッチャー)としての機能も持たせるという発想が新鮮でした。静止軌道以外の全ての軌道は赤道に建設された軌道エレベーターと交差するという、ある種当然の事実に気がつかせて貰った作品です。

さてさて、これらの作品に描かれたような未来がやってくるかは、これからのお楽しみですね。

読売新聞 [02/12(木) 14:19]
http://www.so-net.ne.jp/news/cgi-bin/article.cgi?gid=sci&aid=20090212-570-OYT1T00314


毎日新聞 [02/12(木) 11:33]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000029-mai-soci

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。