So-net無料ブログ作成

日食~5~『はまぎん こども宇宙科学館』 [日食・月食]

日食ネタの第5回目です。

各地で日食のイベントがありますが、その中から東京・神奈川のイベントで気になっている物を幾つかご紹介しようと思います。

はまぎん.jpg
今日は、はまぎん こども宇宙科学館(横浜こども科学館)の日食を観望イベントをご紹介します。22日の日食当日に、日食専用メガネを使った観察をするそうです。館内1F特設会場で、日食に関する資料を展示・説明を聞いたあと、お隣の洋光台駅前公園で観望という流れ。

参加は事前申し込みではなく、当日9:30から参加券を配布するようです(観望会は10時~12時30分)。参加は無料ですが、入館料は別途必要なので、ご注意を。

このイベントも雨天・曇天など太陽が見えない場合は中止です。 詳細については、変更されている可能性もあるので、ご自分でご確認下さい。
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 3

北海道大好き人間

ここは、Yahooのカテゴリ検索でも頭の方に出てきますね。因みに国立天文台のリンクはありません。
私の日食ブログの先頭に貼ってある北大とNASAのHPへのリンクは、ここからURLを削って辿り着いたものです。

関東地方では、昨日あたりの三日月くらいに太陽が欠けるみたいなのですが、是非とも晴れて欲しいですね。
3年後(2012年5月21日)には、今度は金環日食が見られます。神奈川ならば、芦ノ湖~小田原~横浜と川崎の北部あたりと、県中央部を中心線が通過していますから、県内全域で観察するのに非常に適しています。ただ、朝の日食ですので(金環日食になるのは7:30過ぎ)、東側に高いビルや山がある場所は避けた方がいいです。
これに関する記事も、「その頃」になったら書き込みたいと思います。
by 北海道大好き人間 (2009-06-27 14:00) 

optimist

北海道大好き人間さん、こんにちは。
国立天文台のトップページ下にある「イベントとお知らせ一覧イベントとお知らせ」に、「2009年7月22日皆既日食の情報」があります(http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/index.html)。
これを見て参考にしたのですが。

3年後の金環食は、私も期待しています。今回の部分日食のために準備をしていますが、天気が悪くても3年後に使えるから良いや~とか思ってやってます。
金環食の記事も楽しみです。
by optimist (2009-06-28 16:52) 

北海道大好き人間

私がこの「横浜こども科学館」を知ったのは、2006年9月7日未明の部分月食の時です。その時にYahooのカテゴリ検索でたどりついたのです。

それはさておき、2ちゃんでも度々書かれていますが、3年後の金環日食がそのまま皆既日食ならばどれだけいいだろうなあと思います。仮にそうなれば、2030年6月1日の夕方にも北海道で見られますからねえ。
我々の年代ならば、26年後の2035年9月2日にかけるしかないですね。その次に陸地で見られる2063年8月24日は、年齢的に非常に厳しいですから。
私も、簡易ピンホールを準備し、日食メガネをネットで漁っています。当日は、とにかく晴れて欲しいモノです。
by 北海道大好き人間 (2009-06-28 21:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。