So-net無料ブログ作成
検索選択

日食~8~日食の時、宇宙からはどう見える? [日食・月食]

私のブログにもコメントを頂いている北海道大好き人間さんが、先日月に落下した『かぐや』からの日食時の映像(地球表面を月の影が移動する様子)を見たかったというお話をされていました。

同じ希望を持っていた方には朗報です。気象庁が、気象衛星「ひまわり7号(運輸多目的衛星新2号)」が地球を観測した可視画像をインターネット上で公開するそうです。気になる人は、「気象庁ホームページ」をチェックしてみてください(直リンクはコチラ)。
22日9時から15時までの15分刻みの画像が、アップされるようです(公開は22日10時から)。

参考に、昭和63年3月18日の日食の時に「ひまわり3号」が観測した可視画像が参考として公開されています。撮像時刻は12時(日本時間)。 月の影を見やすくするために、通常の可視画像を明るく強調して表示しているそうです。
画像はこんな感じで、時間毎に変化を追う事ができます。
himawari.jpg
『気象庁のHP内(http://ds.data.jma.go.jp/obd/sat/data/web/suneclipse.html)から引用』

参考の画像でも、月の本影と半影が移動する様子が分かるので、なかなか面白いですよ。
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 3

北海道大好き人間

そう、気象庁がこれをやってくれるはずと期待していました。
すぐにお気に入りに登録しました。なお、TVのニュースで放送する画像は加工してあります。
今回の皆既日食では、直径260kmくらいの月の影が九州のすぐ南(トカラ列島)を北西方向から南東方向へ駆け抜けます。
上に画像を貼った1988年3月18日の時には直径170km弱です。ただ、月の影は時速およそ2,000km(200kmの間違いではありません)という超高速で移動しますので、15分の間に結構動くのが分かります。
この画像、地上で観測する人にとっては何ですが、スクリーンの役割を持つ「雲」があった方が鮮明に影が映るそうです。
by 北海道大好き人間 (2009-07-17 11:16) 

optimist

北海道大好き人間 さん、こんばんは。
幾つか映像を見ると、確かにスクリーンとして雲がある方がはっきり分かりますね・・・。まあ天気が悪くて見えない時、自分を慰める材料にはなりそうかも^^;

by optimist (2009-07-17 23:25) 

安部

突然ずみません。宇宙開発の御話で今週の土曜日に赤平の植松電機さんと共同で宇宙開発事業をおこなっている北大の永田先生の講演会が岩見沢であります。8月7日(土曜日)14:00~16:00で岩見沢駅南隣りコミュニティプラザで参加費無料!で行われます。是非ともお誘い合わせのうえご参加ください。」
by 安部 (2010-08-02 18:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。