So-net無料ブログ作成

衝突する直前の双子のブラックホールを発見 [科学系よもやま話]

今日ご紹介するのは、国立天文台が、先月末(2010年11月30日)に発表した発見についてです。

それによると、国立天文台ALMA推進室の井口聖准教授が率いる研究グループが、衝突直前の2つのブラックホールを初めて観測することに成功したそうです。
衝突する直前の双子のブラックホールを発見(リンク)』
topsummary.jpg
画像クレジット:国立天文台(NAOJ:右)/米国国立電波天文台(NRAO/AUI:左)提供
尚、この論文は、アメリカの天体物理学専門誌「The Astrophysical Journal Letters」に掲載されています。
S. Iguchi, T. Okuda and H. Sudou, ''A Very Close Binary Black Hole in a Giant Elliptical Galaxy 3C 66B and its Black Hole Merger,'' Astrophysical Journal Letters, vol.724, L166, 2010(リンク)』
※Full text は、有料です。

この2つのブラックホール自体は、2003年に、同じ研究チームが報告しているのですが、その後の観測結果から、実は衝突直前(後500年程で衝突すると予想)である事が分かったのだそうです。このような、衝突直前のブラックホールの存在を強く示唆するような観測は、今回が世界初なんだとか。

現在、有力な考えとしては、活動銀河核のさらにその中心には、太陽の数十億倍程度の質量を持つ巨大ブラックホールが存在するとされています。特に近年、活動銀河核の中心には、複数のブラックホールが存在すると考えられ、このニュースの、巨大楕円銀河・電波銀河3C66Bがその一例です。

銀河形成の過程で、銀河同士が衝突を繰り返し、最終的にに巨大楕円銀河が誕生すると考えられています。この時に、ブラックホールも結合するわけですが、巨大楕円銀河の中心から衝突直前の2つの巨大なブラックホールを発見したことは、上記の仮説を強く支持する結果ということになります。

今後は、更に詳しく合体直前のブラックホールの挙動を調べる事で、最終的にどのようにしてさらなる超巨大なブラックホールが誕生するのかや、そのの過程で放射されると予言されている重力波との関係を解明するそうですよ。

続報が楽しみです。
nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 8

コメント 5

yablinsky

ブラックホールって衝突すると何がおこるのでしょう。テレビでシミュレーションを見たことがあるかもしれませんが、記憶がありません。
by yablinsky (2010-12-13 06:44) 

アヨアン・イゴカー

想像することのできない、巨大な力の融合ですね。
宇宙は生きている。
by アヨアン・イゴカー (2010-12-13 08:36) 

optimist

yablinsky さん、こんばんは。
ブラックホール同士が衝突すると、大きなブラックホールになるそうですよ。
ビックリですね!?
by optimist (2010-12-13 22:14) 

optimist

アヨアン・イゴカー さん、こんばんは。
>宇宙は生きている
その通りだと思います。
時間の流れが我々人類とはかけ離れていますが、生命体のように感じる時があります。
by optimist (2010-12-13 22:15) 

北海道大好き人間

こんなことが太陽系内で起こったりしたらと思うと、怖いところもありますね。

by 北海道大好き人間 (2010-12-23 01:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。