So-net無料ブログ作成
検索選択

ソニー・エクスプローラサイエンス [科学館・博物館(常設展示)紹介]

先日、お台場のソニー・エクスプローラサイエンスに行ってきました。
ソニー・エクスプローラサイエンス(リンク)』
ここは、ソニーの体験型科学館で、今年で開館12年目となる施設です。常設展示としてエレクトロニクス製品や、ゲーム・音楽・映画などのエンタテインメント技術に応用されている、最新の科学と原理のつながりを、光・音の認識から再生までのストーリーとして感じられる展示内容となっています。
ソニービルと違い、製品そのもというより、その技術及びそれを使った体験型展示となっています。
他にも、サイエンスショーや3Dシアター、ワークショップなども行われています。

何度かお邪魔していますが、昔は撮影禁止だったのが、フラッシュ撮影及び動画が禁止に変更になったので、この場で改めてご紹介します。
 

続きを読む


東京大学 五月祭2014 [一般公開・講演・特別展等紹介]

先日、東京大学の五月祭に行ってきたので、その様子をご紹介します。

今回は、機械工学科・機械情報工学科と工学部電気電子・電子情報工学科を中心に見て回りました。
機械工学系の学科と言えば、ロボコンですね。ロボコンで使用された機体が動いているのを見る事ができました。
東大五月祭り2014_0004.JPG

こちらは、銀ナノインクで作った工作です。
東大五月祭り2014_0003.JPG
銀ナノインクのペンでインクジェット写真用紙に線を書くことで、それが電気を通し、回路を簡単に作れちゃいます。銀ナノインクペンは少々値が張るそうで、500円ほどでお土産用の作品を頂きました。LEDと電池をテープで張り合わせ、ペンでつなぐとあら不思議、LEDが点灯しちゃいます。


続きを読む


タグ:東京大学

立体磁界観察槽 [既製品]

本日ご紹介するのは、立体磁界観察槽という商品です。
立体磁界観察槽0005.JPG
先日、理研の一般公開で見かけたのですが、磁力線が立体的に観察できて面白かったので、取り上げてみました。

調べてみると、楽天市場でも購入可能でした。

60mm(幅)×100mm(奥)×60(高)mmの角型で、厚みの薄い透明樹脂ケースの中に透明なオイルと極細の線状鉄粉を封入し、棒磁石などを平板の上に載せて磁界の観察できるようになっています。手に取ってみると、けっこうガッシリとした作りです。

続きを読む


タグ:磁石 磁力線

科学のひろば [一般公開・講演・特別展等紹介]

今日ご紹介するのは、今週末神奈川県立青少年センターで開催される科学イベント『科学のひろば(pdfファイル)』です。
日時:2014年6月14日 場所:神奈川県立青少年センター

神奈川工科大学と神奈川県立青少年センター科学部・科学支援課が協力して行われる、小学生から高校生を対象とした体験型の科学イベンで、参加は無料だそうです。
神奈川工科大学工学部・創造工学部・応用バイオ科学部・情報学部の各研究室が行っている研究や制作物を公開展示し、子ども達に体験して貰うそうですよ。

以前このブログでもご紹介した(『東芝未来科学館 オープニングイベント<感想編>』)、『神奈川工科大学 鈴木研究室(リンク)』のペーパークラフトのロボットを使ったデジタルワークショップにも挑戦できるようです。
東芝未来科学館0005.JPG
他にも、LEGOマインドストームの初心者向け教室や等身大2足歩行ロボットの展示、LEDグラスキャンドルの作成、家電の解体など、科学に触れる体験イベントを多数実施されるとのこと。面白そうですね♪

詳細についてはリンク先からご確認ください。

国立科学博物館特別展「太古の哺乳類展」 [一般公開・講演・特別展等紹介]

今日ご紹介するのは、2014年7月12日(土)~10月5日(日)に、国立科学博物館で開催される特別展『太古の哺乳類展(リンク)』です。

恐竜が繁栄していた約1億2000万年前から日本で進化し、数万年前までに絶滅して今は見ることのできない数々の哺乳類を紹介する展覧会となるそうですよ。

全身復元骨格3体が“家族”として初めて一緒に展示される「ナウマンゾウ」や、日本で発掘された化石が世界的に有名な「パレオパラドキシア」など、巨大なものから極めて珍しいものまで、日本各地、約20か所の博物館・研究機関などから集めた貴重な絶滅哺乳類を一挙に見る事ができるので、夏休みにぜひ行ってみようと思います。

実際、これだけの規模で、日本の太古の哺乳類を紹介した特別展は初めてだそうですよ。

ナウマンゾウ0030.JPG
写真は、神奈川県立生命の星・地球科学館に展示されていたナウマンゾウ(オス)。この個体かは知りませんが、神奈川県立生命の星・地球科学館のナウマンゾウ(オス)も展示されるそうです。
 

続きを読む


ひらめき☆ときめきサイエンス 放射線が通った! 見えた、分かった放射能! [一般公開・講演・特別展等紹介]

今日は、今年(2014年)の夏休みにお茶の水女子大学で行われる、科学イベントひらめき☆ときめきサイエンス 放射線が通った! 見えた、分かった放射能!(リンク)』についてご紹介します。
開催日は、2014年8月23日、24日で参加は無料ですが、事前予約制です。

8月23日(土) は小学生(5・6年生)対象、24日(日)は中学生を対象に参加者を募集していました。もし既に予約が締め切られていたら、お許しください。

ちょっと対象範囲が狭いのですが、該当される年齢のお子様がいらっしゃいましたら、参加されてみてはいかがでしょうか?

みらい研究室 ~科学へのトビラ~2014<感想編> [科学系よもやま話]

先日ご紹介(『みらい研究室 ~科学へのトビラ~2014』)したイベント、お台場の科学未来館で開催開催された東京理科大学の学生企画『みらい研究室~科学へのトビラ~』に参加したので、その様子をご紹介します。

学生が企画した様々な化学イベントは、どれも趣向が凝らされており、子ども達も楽しそうでした。

こちらは、アンモナイトや三葉虫の化石から取ったシリコン型。これに、石膏を流し込み、レプリカを作るという企画です(Ⅱ部研究会生物研究部)。
みらい研究室0001.JPG
 
 

続きを読む


ダイヤモンド・プリンセス船内ツアー(三菱みなとみらい技術館) [さまざまな募集]

先日、三菱みなとみらい技術館に行った際にみかけたツアー募集についてご紹介します。
三菱みなとみらい技術館0002.JPG三菱みなとみらい技術館0001.JPG
三菱みなとみらい技術館の年間パスポート【Mpass】会員の方限定のツアーで、締切も27日までと幾日もないのですが、面白そうなので取り上げてみました。

親子でご参加なので、親子とも【Mpass】会員である必要はあるのですが、 客船「ダイヤモンドプリンセス」(横浜港寄港中)の中を見学できるツアー(1人:1000円)で、お土産もあるようですよ。

客船「ダイヤモンド・プリンセス」号のツアーは10万円以上する(部屋によっては40万超え~)なので、気軽に申し込めませんが、一度船内を見てみたので、今回このイベントの貼り紙をみて申し込んでみました。

当選したら、どこかでその様子をご紹介しようと思います。まあ、当たったらですけど^^;

夏休み体験型自由研究イベント「めざせ!空気博士」 [さまざまな募集]

今日ご紹介するのは、ダイキンの体感型ショールーム「フーハ東京」と「フーハ大阪」で開催される、小学生を対象とした夏休み体験型自由研究イベント「めざせ!空気博士」です。
「めざせ!空気博士」(リンク)』

ぴちょん0002.JPGぴちょん0001.JPG
写真は、以前「フーハ東京」で撮影したものです。

フーハ東京ではエアコンを分解する講座に加え、新たな講座として空気中の水分を「見える化」するとともに、除湿した空気と加湿した空気の違いを実験で体感するプログラムが用意されているそうです。
無料ですが、事前予約制となっていますので、すでに申し込みがいっぱいになっていたらごめんなさい。

フーハ東京では、写真のようなキャラクター『ぴいちょん君』が登場することもありますよ。

タグ:フーハ東京

独立行政法人情報通信機構(NICT)夏休み特別公開2014 [一般公開・講演・特別展等紹介]

さて、明日から7月ですね。今年も様々な研究所の公開シーズンがやってきました。春の科学技術週間もそうですが、夏休みも多くの施設が公開されるので、楽しみですね。
このブログでも、幾つかご紹介していきますので、興味のあるものがあれば、参加してみてはいかがでしょうか?

最初にご紹介するのは、独立行政法人情報通信機構(NICT)夏休み特別公開です。東京都小金井市にある独立行政法人情報通信機構(NICT)の今年の夏休み特別公開は、7月24日・25日に予定されています。

「NICT夏休み特別公開」のご案内(リンク)』

研究活動を紹介する子ども見学ツアー、小学校高学年向けの工作教室、南極教室や科学に関する体験コーナーなど、科学に親しめるようなイベントが企画されているようです。は定員ありの事前予約制となっております。

詳細につきましては上ののリンクからご確認ください。
尚、工作教室の申込期間は、明日2014年7月1日(火)10時から7月22日(火)17時までで、抽選ではなく先着順だそうですので、ご注意ください。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。