So-net無料ブログ作成

USBガイガーカウンタキット(ストロベリー・リナックス) [既製品]

一部で有名なUSBガイガーカウンタキット(ストロベリー・リナックス)を組み立ててみました。
ASCII.記事(リンク)』
USB給電で動作して、パソコンでログまで取れちゃいます。ガイガーカウンターや放射線測定器は高いしな~、という個人に最適です。

USBガイガーカウンタキット.JPG
※写真は左から、手持ちの単三4本の電池ボックス、専用ケース、USBガイガーカウンタキット。
持ち歩くなら、スイッチやケースの付いた物の方が、良いのですが、手元に無かったので、ありあわせの電池ボックスを使用しました。

個人的にガイガーカウンタは昔から欲しかったのですが、原発事故以来、品薄&価格高騰で買う気は起きませんでした。
でも、このUSBガイガーカウンタキットは別。だって2万程で買えるんですよ~。
既に完売なのですが、近日中にも追加注文が可能になりそうなので、興味のある方は、買ってみるのも面白そうです。
※ハンダに自信が無い人には完成品もあるようですよ。
USBガイガーカウンタキット(リンク)』
USBガイガーカウンタ(完成品)(リンク)』

文部科学省が貸し出している簡易放射線測定器「はかるくん」は、個人向けには貸し出して無いし(あくまで生徒向け)、一番安く、それなりの感度の物をとなると、コレが一番だと思います。

もともと欲しかった理由は、コレクションしている鉱物の放射線量を測定してみたかったから。特に含ウラン鉱物は持っていませんが、それでも、ジルコンなどの花崗岩を母岩とする標本など、計ってみたいと思っていました。

本来、この手のガイガーカウンターは教育用で、岩石の違いによる放射線量の違いを測定するのが、主な用途です。
或いは適当な線源に対して、遮蔽材による放射線量の違いを調べて、α線、β線、γ線の違いを知るとか。

まあ、当面は身の回りの物の放射線を測定したりもすると思います。既に測定値を公開されている人も居ますし、公的機関も大気中の放射線量を測定したりしていますから、わざわざ計らなくても良さそうですが・・・。

因みに、手持ちの鉱物を計ったところ、バックグランドの倍程の値を示す物はありました。やはり含ウラン鉱物を測定するのが、一番面白そうです。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 2

北海道大好き人間

個人的には、そこまで過敏にならなくても?と思います。
戦後間もない頃等は、今の何倍もの放射線を浴び続けていたという記事もあるくらいですから。

by 北海道大好き人間 (2011-05-22 19:31) 

おい

>北海道大好き人間さん
原爆と原発事故は同列に語れないとご存知でしょうか?
原爆の場合、高温により放射性物質のほとんどが
上空に上がり気流にのって拡散されました。よって
原発事故より圧倒的に微量です。爆心地付近では
高線量が確認されていますが当時は外部被曝しか
”日本は”把握できませんでした。内部被曝に関しては
米国が当時から研究がなされており内部被曝の
恐ろしさを論文にて公表しています。
また、福島第一原発爆発後毎時1000兆ベクレルが出続け
現在でも毎時10億ベクレルもの放射性物質が放出されつつけて
おり、風にのり日本中・世界中に拡散されています。
重金属系放射性物質も拡散しており日本の御用学者は
米国や欧州の科学者から「無知」として扱われています。
IAEAやICRPは内部被曝が与える影響が大きいため
作業従事者を使い捨てにしなければならない現実から
内部被曝調査部門を潰しました。原発推進機関である
IAEAやICRPの情報がすべて信用できるわけではありません。
米国科学アカデミー及びニューヨークアカデミー、英国科学アカデミー、ドイツ科学アカデミー等多数の専門機関が内部被曝が
外部被曝より恐ろしいことをチェルノブイリで学び、
論文にて公表し支持されています。
日本は未だに「原爆」を基準にした「遅れた知恵」なので
同心円で避難させるという「失態」を犯しました。

是非調べてみてください。これは煽っているのではなく
事実です。


by おい (2011-07-24 16:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。