So-net無料ブログ作成

JAXA相模原キャンパス特別公開2012<感想編2> [科学系よもやま話]

今日は、第二会場の様子をレポートします。
第二会場も昨年とはちょっと様子が異なります。

赤外線や、X線、ガンマ線で探る宇宙の謎についての解説が行われていました。
写真は次期国際X線天文衛星のASTRO-H(左)と赤外線天文衛星のあかり(右)です。
JAXA0000.JPGJAXA0001.JPG

赤外線とはなんぞや?を分かり易く説明するために、赤外線カメラが置いてあり、その前で色々と説明してくれています。
シリコンウエハは可視光では向こう側が見えないけど赤外線では透けて見える(左下の写真)とか、逆に可視光は通すけど赤外線は遮断するフィルタ、あとは定番のコーヒーの缶を一つは冷やしもう一つはホットで用意すると、見た目は違いがなくても赤外線カメラでは一目瞭然・・・なんて感じです。
JAXA0002.JPGJAXA0006.JPG 
右側の写真で息子が両手にもっている缶コーヒーがそれです。そうそう、この第二会場の2Fでは、星座早見盤作りも行われていました。
JAXA0003.JPG

他にも色々と展示がありました。
JAXA0004.JPGJAXA0005.JPG

JAXA0008.JPG
写真は、左上の写真にある「れいめい」を運用している運用室。第二会場の4Fにあります。

今日は、ここまでにして、明日は第三会場と第四会場についてレポートしますね。

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 10

コメント 2

北海道大好き人間

赤外線だけでなく、X線やガンマ線の体験コーナーもあればと思いますが、放射性物質ですから、管理が大変ですね。

by 北海道大好き人間 (2012-07-29 16:10) 

optimist

北海道大好き人間 さん、こんばんは。
確か第一会場の方で、放射線という事で霧箱の展示があったような気がします。
仰るように、実際にX線やガンマ線の放射は、流石にちょっとオープンな環境では無理でしょうね^^;
by optimist (2012-08-02 22:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。