So-net無料ブログ作成

クラゲに似た飛行装置の安定したホバリング [科学系よもやま話]

米ニューヨーク大学の研究者らが開発した面白い飛行装置がについて、ご紹介します。

重さ2.1g程と、とっても軽いこの飛行装置、その飛び方がユニーク。4枚の羽根をバタバタと同時に動かして飛んでいくんです。まるでクラゲのような動きと解説されていましたが、それは羽を動きを高速度撮影した動画を見た場合の事、実際の速度で見ている限り、クラゲと言うには、少々慌ただしいようでw

さて、この飛行装置ですが、英国王立協会(British Royal Society)の学術誌「Journal of the Royal Society Interface」で発表されています。
Stable hovering of a jellyfish-like flying machine(リンク)』

このような小型の飛行装置は、結構研究されています。例えば、昨年ハーバード大学の研究チームが発表した昆虫みたいな飛行装置。

重さわずか80mg、翼長3cmと羽虫サイズの飛翔ロボット。羽を圧電アクチュエータで毎秒120回羽ばたかせることができるそうです。まさに昆虫ですね。

どちらも、コードを付けて飛んでいる状態でが、内臓のバッテリーと制御機構で駆動できるようになった時、新しい世界が見えてくるんじゃないでしょうか?



nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 10

コメント 2

北海道大好き人間

動画見ましたが、クラゲの動きを参考にして作ったということなのでしょうね。

この動画の埋め込みタグ、幅を480ピクセル以下に設定しないと右側が切れてしまいます。
上の動画の埋め込みコードです。「カスタムサイズ」をクリックし、左の枠=幅(WIDTH)を480に設定すれば、右の枠=高さ(HEIGHT)も自動的に変わります(この動画では270)。
<iframe width="640" height="360" src="//www.youtube.com/embed/p4U8HlWsJpM?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

下の動画の埋め込みコードです。
<iframe width="480" height="270" src="//www.youtube.com/embed/cyjKOJhIiuU?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

by 北海道大好き人間 (2014-01-27 12:28) 

optimist

北海道大好き人間 さん、こんばんは。
修正してみました。ご指摘ありがとうございます。

頓着していなかったのですが、確かにはみ出してますね。
多分他にも幾つか同じ事をしていたような・・・^^;
by optimist (2014-01-28 00:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。